学生ローンと在籍確認

学生ローンと在籍確認

様々なローンが存在する中、どんなローンの審査でも行われる在籍確認というシステムですが、「学生ローン」もその例外ではありません。

今回は一般的なローンとは異なる「学生ローン」で必要となる在籍確認についてご説明したいと思います。

就職先への在籍確認が必要


一般的なローンで必要となる、就職先への在籍確認と同様に「学生ローン」の場合でも、就職先へ電話連絡などの在籍確認が行われます。

ただし「学生ローン」の場合、正式雇用を受けている会社である必要はありません。アルバイトやパートなどの様々な環境にも在籍確認の連絡を行う事ができます。

あくまで働き先が存在するか、申し込みに虚偽の記述が無いかなどの確認となりますので、見栄えが良い様になどの理由で虚偽の記載を行う事はかえって悪い印象を与える事となりますので、注意して下さい。

親族、就職先にローンを知られる心配はない


当然、「学生ローン」をご利用される方の中には、親族や就職先に「お金を借りている」という事を知られたくないという方は多いと思います。

一般的な消費者金融企業でも、その点については十分な配慮がある様に、「学生ローン」についても心配される様な事はありません。

就職先や、ご自宅への連絡の際も、関係のない企業名などで連絡し、在籍している事さえ確認できれば問題はないので、怪しまれる事もないでしょう。

学校への在籍確認を行う事はない


一般的に「学生ローン」では、就職先に在籍確認を行う事はあっても、学校側への在籍確認などは行いません。

学校側の在籍確認などが必要な場合は、電話連絡などではなく「学生証」の提示が求められる事が主流となっています。

つまり、在籍確認は消費者金融企業側がでの「念の為」といった確認となりますので、申込者への負担となる様な事は無いと考えられます。

申込者が存在しない企業を記載したり、就職していない企業を記載したり、極端に言えば名前などの記載に虚偽さえ無ければ、気にする必要はないと思われます。