学生ローンの審査基準

学生ローンの審査基準

誰でも学校へ通える様に、費用がハードルになってしまわない様にと策定された、消費者金融からの融資を可能とする「学生ローン」という制度。

しかしながら、当然融資するに値するかの審査は行われます。一般的なローンと比較すると簡単な審査ではある様ですが、注意せねばならない項目もあるかもしれません。

その為、今回は「学生ローン」の審査基準、融資が困難となる項目などをご説明させて頂きます。

アルバイトなどに問わず一定した収入があること


「学生ローン」は18歳以上の学生が融資対象者となる為、当然、まだ就職をされておらず、安定した収入の無い方も多く存在します。

ただし、収入がないと言う場合は対象者にはなれません。アルバイトやパートなどでも構わないので、個人に対して一定の収入が存在すれば良いのです。

あとは他のローンと同様に、滞りなく返済出来そうか、他社からの借り入れが無いかなどを調査し、審査を行うそうです。

融資対象者の利用目的を重要視する


「学生ローン」は通常ローンとは異なり、担保などは不要、保証人を立てる必要もありません。また、アルバイトやパートなどでの一定収入で良い事から、学費ではなく娯楽費に使う方など悪用される事も多くあります。

その為、消費者金融側からすると「利用目的」という点については非常に重要視されており、使用用途、学校に在籍しているかなどを明確に調査を行う様です。

必要額はなるべく低く申し込む事も重要


一見、関係のなさそうな必要額、利用限度額についても審査には重要点となる様です。

「学生ローン」で融資を受ける場合、今現在必要である最低額を借り入れる事が重要であり、余分と思われる額まで借り入れる事は消費者金融への信頼が得られません。

しっかりした計画を立て、無理のない返済が行える様に、必要最低額を見定める必要があるのです。

現在「学生ローン」を考えていらっしゃる方々は、学生として、これから勉強する身として、「学生ローン」に対しても賢い利用を行える様にご検討頂ければと思います。