学生ローンの借入限度額

学生ローンの借入限度額

担保、保証人などは一切不要で、簡単な審査だけで借り入れが可能となる「学生ローン」は、通常のローンのスモールパッケージという印象があります。

当然、借り入れ限度額も多くは望めないと考えるのが一般的な所ではありますが、その実態はどうなのか、今回は借り入れ限度額についてご説明させて頂きます。

50万円の借り入れ限度額が最も多い


まず「学生ローン」で最も多い借り入れ限度額は50万円という金額が多く見受けられます。最短即日に審査が完了するローンとしては納得できる額であるかと思います。

ですが、必ずしも借り入れ限度額が50万円一律という訳ではありません。各消費者金融によって異なりますが、300万円まで借り入れが可能な企業、最高クラスになると500万円まで借り入れが可能となる消費者金融企業も存在します。

借り入れ限度額が高い分、利率なども大きく変わる事がありますので、その点には注意しましょう。

年収の1/3が借り入れ限度額である点は変わらない


いくら消費者金融側が借り入れ限度額を500万円としていても、「年収の1/3が借り入れ限度額」という点は法律上の規定なので変える事は出来ません。

つまり、500万円の借り入れを行う場合、おのずと年収1500万円の方でなければならないのです。果たして年収1500万円の方が「学生ローン」を必要とするかどうかは気になる所ではありますが。

アルバイトやパートなどでの収入を基に「学生ローン」をご利用される場合、50万円という借り入れ限度額は妥当と言えるのかもしれません。

事実、「学生ローン」を使用される方は繋ぎで3万円程度の借り入れを行い、借り入れ限度額も10万円まで、という方が多い様に見受けられます。

今回は借り入れ限度額だけを対象にご説明致しましたが、「学生ローン」を考えていらっしゃる方々は、当然ながら借り入れ限度額だけでなく、企業評価や借り入れに対する利率など、総合的な部分に注意しながら消費者金融を選択される事をお奨めします。