学生ローンと返済について

学生ローンと返済について

現在、「学生ローン」を利用されて学校へ通われている方は非常に多く存在します。

海外とは異なり、日本の奨学金制度は「学生ローン」の一環であるという現状があります。

奨学金=給付金と思われている方も少なくない様で、奨学金が貸与である事を知らず、ローンが増えてしまっている方が増えている事も、今や社会的な問題となっている様です。

今回はこの様にローンが増えてしまって返済が滞らない様に、きちんと学んで頂く為にも「学生ローン」の返済についてご説明させて頂きたいと思います。

学生ローンの金利について


ローンを組むにあたって、一番と言って良いほど気になる点が金利でしょう。

現在、「学生ローン」を行っている消費者金融企業の金利はおおよそ15%〜18%という金利です。仮に18%の金利として10万円を借り入れた場合、月額で約1500円が金利分となります。

決して安い金利ではありませんが、「学生ローン」は多額の費用を借り入れない事を前提としていますので、十分に妥当な金利額であるかと思います。

金利のみの返済でも可能となる返済方式


「学生ローン」の返済で最も重要視されるのが、「金利のみの返済でも可能」とされる特殊な返済方式であると思います。

正式には「元金自由返済方式」と言われ、元金を減らさずとも、滞納として扱われない方法と言う事にまります。

つまり、10万円の借り入れを行った対象者は、元金に対する金利となる約1500円さえ支払ってしまえば、その月の返済は完了となる仕組みです。

当然、金利だけの返済では一生返済仕切れない事となりますが、金利以外は自身で返済額を調整できるという点は、とても良い所であると思います。

定職に就かれていないアルバイトやパートの方々なども対象となる「学生ローン」ならではの仕組みと言えるのではないでしょうか。

比較的、難なく借り入れを行える「学生ローン」、奨学金と言う名に騙されず、きちんと返済が行える様に、今後の皆様の知識となる様に、これらの点を認識して頂ければと思います。